9月になりました。

新学期が始まり、
ホッと一息ついている方も
いらっしゃるかもしれませんね。

だんだんカラッとして
気持ちの良い気候になっていきますが、
実はこの変化が、
夏のダメージを受けた肌には過酷なんです。

ちょっとお肌をチェックしてみてください。

急に肌がくすんで見える

肌がカサついて、ゴワゴワしている

毛穴の開きが気になる

こんなサインが出ていませんか?

これは、夏に浴びた紫外線や、
室内外の気温差で
お肌がダメージを受けた証拠。

本格的な乾燥シーズンを
迎える前に、
馬油マッサージで皮脂汚れを落とし、
血行も良くして
ターンオーバーを促しましょう。

馬油マッサージの方法は…


➀まずは綺麗に洗顔。
お顔全体に馬油を塗ります。
小鼻やTゾーンには、少し多めにつけてから、
優しくマッサージすると、
毛穴に詰まった皮脂汚れが
浮き出てきて、血行も良くなります。

➁蒸しタオル(火傷に気を付けてくださいね)を
当てて、3~4分温めたら、
余分な馬油をていねいにふき取ります。

この時、毛穴に詰まった皮脂汚れを
全部取ろうとしてゴシゴシこすると、
肌を傷めてしまうので要注意!

初めての時はなかなか取れなくても、
何日かトライするうちに肌がやわらかくなって、
汚れが出やすくなります。

➂プラセンタや化粧水をつけてお手入れ終了です。

季節の変わり目は
お肌が荒れるだけでなく、
体調も崩しやすい時季。

良質な栄養と睡眠をしっかりとって、
体もお肌もいたわってあげてくださいね。

馬油パックはお風呂で
リラックスしながらするのも
おススメですよ。

サンキューバーユは、
馬刺しとして食される
“こうね(たてがみ)”の脂のみを原料とした、
天然ピュアオイルです。

馬油パックにもぜひお使いください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。