合成界面活性剤を使用していない「馬油石けんのオフメイク」が、注目されています。

一般的に、お顔のメイクは、クレンジング剤を使って、落とします。ただ、国内外で販売されているクレンジング剤の主たる成分は、合成界面活性剤です。
合成界面活性剤は、「水と油を混ぜ合わせるためにつくられた物質」で、言わば、食器用洗剤と同様の成分です。

それは、お肌に優しいのでしょうか?
お肌のバリア機能を補強する“やさしいスキンケア”の入り口は、それで良いのでしょうか?

クレンジングによるオフメイクは、お顔につけた油性の化粧品をクレンジング剤で浮かび上がらせて、水で洗い流しますが、それは、クレンジング剤に合成界面活性剤が配合されているからです。
たとえ弱めであろうと、合成界面活性剤は、お肌のバリア機能を破り、皮脂を壊してお肌の深いところまで、浸透していくので、お肌に水分を保持する力が弱まるそうです。

合成界面活性剤を使用していない「馬油石けんのオフメイク」は、お肌のバリア機能を壊すのではなく、小さな毛穴の汚れをキメ細かな泡の吸着成分で、やさしく浮かせて、水で洗い流します。お肌をゴシゴシこする必要もありません。もともとの油脂の成分が、人のお肌の成分に近い馬油なので、お肌への負担もほとんどありません。

このあたりが、「馬油石けんのオフメイク」が、注目される理由なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。